PMD医学部予備校福岡は圧倒的な勉強量を確保出来ます

強のリズムを作ることと、ゼミ形式の少人数での授業が基本

そして勉強のリズムを作ることと、ゼミ形式の少人数での授業が基本となっています。
更に、少人数制での授業でありながらも大量の授業時間を確保しているのです。
例えば、私立コースは1年間あたりに、およそ1520時間ぐらいの授業を提供しています。
授業で習得した知識を活用して問題に解答することが出来るようにするためにコースにより異なりますが定期テストや模擬試験、実力テストや過去問を1年間あたり、およそ40回から50回ぐらい実施する訳です。
圧倒的な学習量と解き直しや解説授業、類題演習で知識を問題を解くための知恵に変えていきます。
ちなみにPMD医学部予備校福岡では、ゼミ形式の少人数制での授業を実施中です。
少人数制での授業のメリットは、講師がそれぞれの学生の理解状況を把握することによって発揮されます。
大人数で行われる授業のように、講師が一方的に説明するだけの授業は実施していません。
学生に質問を投げかけて理解度をチェックしたり学生からの質問に答えるなどして、お互いにやり取りをしながら授業を進めていきます。
学生が授業に積極的に関わって、他の学生の理解の仕方や問題の解き方を知ることにより定着度や理解度が大幅に高まる訳です。

PMD医学部予備校福岡ではたくさんの講師や職員が対応している | 強のリズムを作ることと、ゼミ形式の少人数での授業が基本 | 規則的な暮らしのリズムを身につけることが、学力を伸ばすために重要